*** AF日記 *** - 2006年4月 -

[最新の日記] [月指定で日記閲覧] [単語で検索] [日記ステータス] [管理人用] [トップへ戻る]



2006年4月1日(土)   66 点
勝利.
 

 
     
  楽天 1−3 ソフトバンク

斉藤は素晴らしいピッチングしてたのだが
援護無く,8回にまさかの失点.

しかし9回にインチェが代わったところを
集中打で攻めて逆転.
またも柴原が代打職人技を魅せた.
決勝打は森本.

三瀬が今季初勝利.

しかし,インチェごときに抑えられるとは,
今季は左の先発に苦労しそうだ.
城島,バティスタの穴はここで実感させられる.

今日のスタメンマスクは山崎だった.
的場じゃなくてもやれるのか試したのだろう.
そして,真っ直ぐ中心で良いリードが出来たと思う.
打つ方では貢献できず.

明日は杉内.
キャッチャーはどっちだ.
   
     
 



2006年4月2日(日)   67 点
連勝.
 

 
     
  楽天 2−8 ソフトバンク

昨年7勝0敗(!)と楽天をカモにした杉内が,
今日も本調子じゃなかったものの好投.2勝目.
藤岡−吉武というリレーも磐石.

そして,今日もスタメンマスクだった山崎が
貴重なタイムリーでプロ初打点.
捕手山崎でいいんじゃないだろうか,とりあえず今は.
   
     
 



2006年4月4日(火)   69 点
逆転で3連勝.
 

 
     
  日ハム 2−5 ソフトバンク

今年のホークスは本当に左腕が打てない.
今日も好投の新垣を見殺しにして,
須永にプロ初勝利をプレゼントしてしまうとこだった.

しかし,8回にズレータがマイケルから鮮やかな逆転3ラン!
2回の松中,9回の本間とあわせて得点はこの3発だけ.

新垣は完投で2勝目.
山崎は外一辺倒のリードだったが,それが意外にはまった.

開幕からこれまで先発4本柱は何の心配もしていないのだが,
それ以外の2本と,左腕が打てない打線が問題だ.

そして,明日は残り2本のうちの1人カラスコが先発で,
相手は左腕のリー.

だめかも知れんね.
   
     
 



2006年4月5日(水)   78 点
負け.
 

 
     
  日ハム 8−5 ソフトバンク

カラスコが打たれ,リーを打ちあぐね,
後半追いかけるも敗戦.

予想通りの展開になってしまった.
一ファンの予想通り負けるのもどうかとは思うが.
5点も取って負けるのではダメダメだ.

しかし,本当に左が打てない.
チャンスに右の代打が荒金しかいない現実は
何の冗談だろうと思ってしまった.
まだ春だが大道を呼ぶべきじゃないのか.

そして,大事な6番宮地がこの調子なら,
そろそろ柴原が先発でいいのではなかろうか.

カラスコの次の出番は無さそうだ.
明日あたり浅草見物とかしてるかもしれん.

三瀬もまた使えなかった・・・
2軍で好投している寺原がそろそろ来るだろう.

明日はダルビッシュVS和田.
   
     
 



2006年4月6日(木)   71 点
連敗.
 

 
     
  カラスコ抹消.

日ハム 3−0 ソフトバンク

和田も完投し,悪くない出来だったのだが,
ダルビッシュの前に完封負け.
敵ながら天晴れなピッチングだった.
内角を突くストレートが良かった.

柴原はついに6番スタメンだったのだが,
ダルビッシュのインローへ落ちる球の前にくるくる.

あと,ガンちゃんが解説してた.
山崎はヒゲを生やす前の小笠原に似てるとか言ってた.

明日から清原3連戦.
   
     
 



2006年4月7日(金)   72 点
○凹.
 

 
     
  よもやの3連敗.

ソフトバンク 0−2 オリックス

高橋は好投したのだが,オリックス先発前川にやられた.
また左かよ.また完封かよ.

今日のスタメンはセカンドに稲嶺,ライトに荒金.
しかし機能せず.
前川に3年ぶりの勝利をプレゼント.

今日は2軍で,またも寺原が好投したらしい.
そろそろ上がってくるのだろう.
しかし打者は誰かおらんのか.

明日は斉藤VS川越.
順当に行けば負けるはずないのだけど・・・
   
     
 



2006年4月8日(土)   75 点
○凹 凹○.
 

 
     
  オリックス 6−2 ソフトバンク

4連敗.
松田のプロ初タイムリーも活かせず.

押し出しやタイムリーエラーと,
チーム状態はどうやら最悪のようだ.
しかも斉藤で負けるか.

わずかな希望の光としては,今日登録された
井出が,代打でタイムリーを打ったことと,
竹岡がリリーフでそれなりの出来だったこと.
もう3番井出でいいんじゃないか.右だし.

明日は杉内VSセラフィニ,また左.
   
     
 



2006年4月9日(日)   67 点
引き分け.
 

 
     
  ソフトバンク 2−2 オリックス

楽に勝てそうな展開だったのに,
重症すぎる.
送りバント失敗がいくつあったことか・・・

馬原を31/3回引っ張ってようやく引き分け.
萩原に5イニングも抑えられるってどういうことだ.

春先のトンネルは長いかもしれない.
   
     
 



2006年4月12日(水)   73 点
連敗脱出.
 

 
     
  昨日は恵みの雨だったか.

ロッテ 1−4 ソフトバンク

どっちかというとロッテ側に恵みの雨だと思うが,
清水の立ち上がりを攻めて3得点.
エース対決は序盤で決まった.

新垣は8回1失点で無傷の3勝目.
馬原が4セーブ目.

そして,明日は和田が背中に張りとかで,
上がってきたばかりの寺原が先発.

敵は渡辺か・・・厳しそうだ.
   
     
 



2006年4月13日(木)   76 点
連勝.
 

 
     
  ロッテ 1−6 ソフトバンク

ロッテの両エースを打って連勝.
6回途中1失点の寺原が3年ぶりの白星.

今日のヒーローは,先制4号弾の松中か,
6回裏1死満塁を抑えた吉武だと思うが,
寺原にお立ち台を譲った形に.

それでも,今日のピッチングを見る限り,
5人目の先発は当確だ.
寺原変身.
王も良い感じのうちに交代させた感じ.

8回の三瀬も良かったし,
打線も繋がるようになってきた.
ここから巻き返しだ.
   
     
 



2006年4月15日(土)   80 点
完敗.
 

 
     
  ソフトバンク 0−1 日ハム

ルーキー左腕八木の前に10回までノーヒット.
延長12回についに失点して負け.
しかも継投ノーヒッターを食らう.

完敗だろう.
ちょっと尾を引きそうな負け方だ.

それにしても本当に左が打てない.
もう誰でも左なら打てないんじゃないのか.
対戦相手の半分くらい左のような気もする.

投手陣は斉藤−三瀬−藤岡−吉武−馬原と
よく抑えたのだが・・・

明日は今季いま一つの杉内VSエース金村.
しかし左じゃないだけでほっとする.
   
     
 



2006年4月16日(日)   63 点
連敗.
 

 
     
  ソフトバンク 0−4 日ハム

昨日のダメージを引きずったまま完封負け.
いいところ無し.
だめだこりゃ.

これで今年は対ハム1勝4敗.
だめだこりゃ.
ちなみに昨年は5敗しかしてない.
   
     
 



2006年4月18日(火)   69 点
勝ちました.
 

 
     
  西武 3−5 ソフトバンク

さすがは今季のエース新垣.
8回途中3失点とまずまずの好投.

しかし,ズレータアタック to 金村の影響で,
5番井手という打線ながら,繋いでよく得点したものだ.
ここから逆に巻き返したりしないだろうか.

ところで,新庄が今季限りの引退表明.
もったいない・・・と思う一方で,TVスターになる新庄
にも期待してしまう.
   
     
 



2006年4月19日(水)   66 点
負け.
 

 
     
  西武 5−3 ソフトバンク

和田の調子が悪かった.
帆足が打てず,終盤追いすがるも届かず.

松中のホームランは見事だったが,
見るべきものはそれだけだった・・・
   
     
 



2006年4月21日(金)   74 点
ぎゃー.
 

 
     
  オリックス 4×−3 ソフトバンク

寺原が7回途中まで1失点の好投も,
9回に馬原が打たれて延長へ.

10回に復帰した川崎のタイムリーで勝ち越すも,
鳥越,松田の連続エラーからサヨナラ負け.

ひどすぎる.呆れた試合だ.
今季はダメな気がしてきた.
   
     
 



2006年4月22日(土)   84 点
観戦勝利.
 

 
     
  京セラドーム大阪へ観戦に行ってきた.
期待の清原はダルのヨガファイアでいないものの,
今季土日のBW-FSH戦はなんとここしかない.

オリックス 2−13 ソフトバンク

オリックスルーキー平野を早々に攻略.
二桁得点っていつ以来だろう.
今日は打線が繋がって気持ちよかった.

そして,ついに出た松田の記念すべき1号ホームラン!
これを見たことが将来自慢できる選手になってくれ.

それにしても京セラドームは人たくさん入っていた.
野球人気低迷がウソのようだ.
清原弁当はなかなか美味かった.
   
     
 



2006年4月23日(日)   71 点
勝ち越し.
 

 
     
  オリックス 4−6 ソフトバンク

杉内の調子は今季の杉内程度だったが,
打線が繋がって勝利.
3番カブレラが機能すればこれくらいはやれる.

三瀬の調子が上がってきたのも大きい.
馬原の負担が軽くなれば,随分楽になる.

あとは7〜9番の打率だが,
ここだけはどうしようもないかもしれん.
   
     
 



2006年4月25日(火)   75 点
3連勝.
 

 
     
  ソフトバンク 11−3 楽天

長崎で初めて行われた公式戦.
新垣は序盤ちょっと崩れたものの、見事完投で5連勝.
さすがは今季のエース.

先発全員安打全員得点で一場をK.O.
快勝だ.

打順は,2番に川崎が入り,5番が今日は柴原,
7番吉本,8番松田とすることで繋がりが出てきた.
特に,吉本と松田の「ズレータが戻った時にどちらが消えるか」
という争いは熾烈で,吉本が2安打4打点,松田は3ラン.

調子が良い間はズレータいらないな.

しかし,ついに吉本のお立ち台が見られるとは・・・
受け答えはいまひとつだった.
   
     
 



2006年4月26日(水)   66 点
4連勝.
 

 
     
  4連勝は今季初.

ソフトバンク 4−1 楽天

和田が8回途中まで悪いなりに抑えて2勝目.
この荒れ球豪球投手をリードするのは,
城島にしかできなかったのかも.

あとは藤岡−馬原でピシャリ.

打は,大村が猛打賞,吉本と松田はともに2安打.

しかし,急に強くなった気がするが,
連勝中は左投手に当たっていないのだった.

明日の先発はともに谷間で,高橋VS愛敬.
明日もいける.
   
     
 



2006年4月27日(木)   72 点
あれー.
 

 
     
  5連勝は確実だと思っていたのだが.

ソフトバンク 3−7 楽天

愛敬の荒れ球に抑えられてしまった.
高橋秀,これで3連敗.

あと7週間,6連戦が続く訳で,
次の6人目の先発も高橋なのか疑問符が付く結果に.
カラスコが2軍で好投しちゃったという
聞きたくなかった報告もある.

倉野や田之上や甲藤はどうした.
   
     
 



2006年4月28日(金)   65 点
勝利.
 

 
     
  日ハム 1−3 ソフトバンク

川崎の今季1号3ランを,
斉藤−三瀬−馬原で守りきって勝利.
さすが斉藤だ.

ところで,高橋に代わって一軍に水田が上がった.
これは使いどころが難しいと思うが.
中継ぎなのか,来週木曜の先発なのか?

明日は,前回ノーヒット食らった八木VS寺原.
リベンジだ.
   
     
 



2006年4月30日(日)   77 点
勝ち越し.
 

 
     
  日ハム 0−2 ソフトバンク

昨日は寺原が打たれ,八木を打てず完敗.

今日は杉内が8回零封の好投で4勝目.
馬原は8セーブ目.
杉内は変化球の抜け具合がよかった.

今日も江尻からなんとか2得点したものの,
今季はどうも日ハム戦で打てない.
というか,まだ通算で負け越している.

出場停止から復帰のズレータは1安打.
残念ながら好打していた吉本がスタメンを外れた.

金村はまだ戻らないらしい.
   
     
 



copyright
Script:のび犬の館   三国志武将アイコン:遊楽庁無双館   天気アイコン:牛飼いとアイコンの部屋