真レオ☆ぽん日記 - 2002年5月 -

[最新の日記] [月指定で日記閲覧] [単語で検索] [日記ステータス] [管理人用] [トップへ戻る]



2002年5月1日(水)   39 点
七難八苦を与えてやるー
 

 
     
  ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2年目 秋
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貫:153  兵:115
商: 88  練:200
米:102  名: 50
金: 78  城: 2


報告など
金山:金+30
秋収穫:米+56


武将    政-戦-智-兵-特技
明石景親  78-44-74-弓-なし
益田元祥  86- 8-56-歩-治水
後藤又兵衛 16-86-65-槍-槍衾
土居清宗  71-70-78-歩-乱戦
陶興房   79-68-77-騎-茶湯
児玉就忠  80-12-58-弓-間作
七条兼仲   3-78- 1-歩-志願
黒田官兵衛 91-90-98-槍-智才


ついに尼子を攻めるときが来た。
密偵は入れていないが、槍衾発動時に又兵衛に勝てる可能性のある武将は
すべて他国にいるため、もはや尼子の情報は必要ない。
尼子の先にあるB国と赤松家は弱小だが、
うっかり最後のとどめを刺されないように、まずは月山富田城を攻略。
ここを取っておけば、尼子の城を1つ自国で囲めるので、
おいしいところ(大名・武将捕縛)だけさらわれることはない。
迎撃はおそらく山中鹿之助(戦才81/弓)。オレが七難八苦を与えてやるわい。

尼子家の本拠地である月山富田城は築城時の資料がないものの、
平景清が造ったのでは、という説があるらしい。
作ったのは大工だなどというつっこみはいらんぞ。
景清はちょい昔のナムコのアクションゲーム、『源平討魔伝』の主人公だ。
「必殺・旋風剣! イヤァァァァァァァァ!!!!」
それ以外のことは知らん。
とにかく、天然の要害でなかなかのものだったらしい。
城跡には鹿之助の銅像も建っているみたいだ。


コマンド
援軍(C国):明石景親(10)
戦争(月山富田城):後藤又兵衛(50)
雇兵(20):黒田官兵衛
訓練:七条兼仲
密偵:土居清宗
開墾:児玉就忠
町投資:益田元祥
米購入:陶興房
   
     
 



2002年5月2日(木)   47 点
ラッキーガァ〜♪=腋臭〜 はグローバルスタンダード?
 

 
     
  ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2年目 冬
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貫:152  兵: 85
商: 88  練:178
米:212  名: 53
金: 99  城: 2


報告など
民流出:貫-17
金山:金+35


武将    政-戦-智-兵-特技
明石景親  78-44-74-弓-なし
益田元祥  86- 8-56-歩-治水
後藤又兵衛 16-86-65-槍-槍衾
土居清宗  71-70-78-歩-乱戦
陶興房   79-68-77-騎-茶湯
児玉就忠  80-12-58-弓-間作
七条兼仲   3-78- 1-歩-志願
黒田官兵衛 91-90-98-槍-智才


密偵の結果、またまたおいしそうなものを見つけてしまった。
ビジュアル系バガボンド、燕返しの佐々木小次郎君(戦92/一騎)である。
臭い系で二刀流の武蔵君(戦95/一騎)には劣るが、
訓練に密偵にと大活躍してくれるはず。
さっそく官兵衛を内応に向かわせた。

また、密偵の結果、尼子は瞬殺できることが分かった。
180という巨大な兵力を持っていたが、
なんと米も金も20ほどしか所持していなかったのだ。
これでは来春の収入も微々たるもので、
オレが2城同時に攻めればそれで終わりだろう。
尼子をこうもたやすく落とせるとは、
ラッキーガール・中山美穂もビックリの幸運だ。
又兵衛が帰還したら、さっそく彼+小次郎君(もう貰ったつもり)で
尼子のトドメを刺しに行ってもらおう。
同盟国・三好が攻められているので適当に援軍し、
あとは訓練+内政の地味な作業。

援軍(三好家):明石景親
進軍中:後藤又兵衛
訓練:七条兼仲 土居清宗
開墾:児玉就忠
町投資:益田元祥 陶興房
内応(G国:佐々木小次郎):黒田官兵衛
   
     
 



2002年5月3日(金)   48 点
燕返し!
 

 
     
  ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
3年目 春
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貫:174  兵:115
商:181  練:200
米:263  名: 54
金:328  城: 3


報告など
検地:貫+5
春税収:金+219
合戦勝利:後藤又兵衛(月山富田城)
内応成功:佐々木小次郎
間作発動:児玉就忠


武将     政-戦-智-兵-特技
明石景親   78-44-74-弓-なし
益田元祥   86- 8-56-歩-治水
後藤又兵衛  16-86-65-槍-槍衾
土居清宗   71-70-78-歩-乱戦
陶興房    79-68-77-騎-茶湯
児玉就忠   80-12-58-弓-間作
七条兼仲    3-78- 1-歩-志願
黒田官兵衛  91-90-98-槍-智才


全く心配していなかったが、小次郎はさっくりとゲット。
実にさわやかな顔をしておった。
これで明石も解雇。着々と人材が揃っている。
中国四国は土地がやせてると何度も書いてるが、
そのおかげで忠誠度に手を回してないやつが多いみたいだ。

で、今回は尼子への引導を渡すべく、
又兵衛と小次郎で2つの城に同時侵攻。
COMは米に限らず何かと対応が遅いので、
春税収があったとは言え抵抗はないだろう。
代わりに戦利金も入らないが。

C国も順調に長宗我部領に攻め入っているようだ。
やはり、最終決戦の相手はC国か。
終盤に向けて、その戦略も練っておかねばなるまい。
できれば同盟はむこうから手切れして欲しいが、
それはあちらとて同じ考えのはず。
向こうから手切れしたくなる状況を作り出さねば。


人材登用   政-戦-智-兵-特技
佐々木小次郎 11-92-20-歩-一騎


解雇
明石景親


援軍(C国):益田元祥
戦争:後藤又兵衛(尾高城) 佐々木小次郎(白鹿城)
雇兵:陶興房
訓練:黒田官兵衛 七条兼仲 土居清宗
開墾:児玉就忠
   
     
 



2002年5月4日(土)   53 点
マガジンの尾崎豊物語にも出てた
 

 
     
  ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
3年目 夏
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貫:198  兵: 62
商:181  練:134
米:222  名: 56
金:114  城: 3


報告など
検地:貫+6
寝返り:兵士−3


武将     政-戦-智-兵-特技
益田元祥   86- 8-56-歩-治水
後藤又兵衛  16-86-65-槍-槍衾
土居清宗   71-70-78-歩-乱戦
陶興房    79-68-77-騎-茶湯
児玉就忠   80-12-58-弓-間作
七条兼仲    3-78- 1-歩-志願
黒田官兵衛  91-90-98-槍-智才
佐々木小次郎 11-92-20-歩-一騎


尼子攻略に向けて進軍中。
いまごろ鹿之助も三日月に向かって吠えているはずだ。
今後の苦難は我が軍の武将として味わって欲しいところだが、
うまいこと捕縛できるだろうか……。

又兵衛、小次郎の帰還後はついに毛利攻略。
同盟であるC国も着々と長宗我部攻略を進めているので、こちらも急がねば。
長宗我部攻略後は、北上して毛利を目指す可能性もある。
宮本武蔵では一騎打ちでしか勝ち目がないが、
長宗我部滅亡で確実に捕縛できる長宗我部元親(戦94/鉄/威圧)なら、
運は絡むが毛利武将に勝つこともできるためだ。
瀬戸内海を渡るときに、鉄砲が潮でダメになってくれればいいんだがな。
まあ、城を2つ攻め取れば、毛利の城を1つ自国だけで包囲できるので、
ここを残しておけば、最後のとどめは間違いなく刺せるだろう。
しかも都合の良いことに、C国の毛利侵攻最短ルートには、
強国Hが立ちはだかっている。逆にE国まわりで侵攻すれば、毛利までは5城。
スピードの面でもこちらがかなり有利だ。

C国の名前が普通の姓名だったので、なんとなくGoogle検索してみた。
オレのように日記を公開してるかもしれないからな。
すると出てきたのは、不動産関連の会社。
そこの重役に名前が連ねてあった。C国とは関係ない可能性は高いか。
まさか自分の名前で信長なぞやるまい。詩人のO田君じゃあるまいしな。
これまた検索してみたら、ページはあの「詩」だけ残して閉鎖していた。
なんと7月からイングランドに旅立つとか。これは典型的な…………。
カミングアウトしてロックンローラーになって帰ってこないかな。
カミングアウトってのは、本質はまず変わってないんだけどな。

と、この日記を書いたのはコマンド入力したその日、つまり4日ほど前なんだが、
なんと某所に彼が出現。サイコメトリーされたのかもしれん。


援軍(C国):益田元祥
進軍中:後藤又兵衛 佐々木小次郎
米売却:陶興房
開墾:児玉就忠
訓練:黒田官兵衛 七条兼仲 土居清宗
   
     
 



2002年5月4日(土)   49 点
貧乏国の仲間入り
 

 
     
  ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
3年目 秋
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貫:215  兵:166
商:221  練:200
米:263  名: 59
金:216  城: 5


報告など
謀略(E国×2):失敗、不審
秋収穫:米+111
援軍勝利:益田元祥
合戦勝利:尼子家滅亡
 捕縛武将:山中鹿之助 尼子晴久 尼子経久


武将     政-戦-智-兵-特技
益田元祥   86- 8-56-歩-治水
後藤又兵衛  16-86-65-槍-槍衾
土居清宗   71-70-78-歩-乱戦
陶興房    79-68-77-騎-茶湯
児玉就忠   80-12-58-弓-間作
七条兼仲    3-78- 1-歩-志願
黒田官兵衛  91-90-98-槍-智才
佐々木小次郎 11-92-20-歩-一騎


合戦は尼子に米がなかったため、無血開城。
ボスの尼子経久、山中鹿之助を捕縛し、かなりの陣容になった。
遠く関東で戦うBにレンタル移籍してやってもいいぐらいだ。
プアー尼子からの戦利金はなんと一桁しかなく、ターン終了時、残りの金は40。
逆に兵の消耗がなかったおかげで、金と訓練期間は節約できる。
来月は密偵の情報を見て、ザコくてリッチな国に攻め込もう。
5城あって裕福そうな大内か、隣接国が増えない赤松か。

なぜかE国から謀略を仕掛けられた。
地理的にも遠い上に、以前武将を引き抜いたのはそこではない。
忠誠の低い武将がいたから、引き抜きの候補ではあったんだが。
貴重なコマンドを遠くの国に使うなど、
何を考えてるのか分からないが、いずれ同盟国のCが滅ぼしてくれよう。
王者の風格でシカトしてくれるわい。

そして、ついに毛利に侵攻開始。
尼子の時と同様密偵は入れてないが、
たとえ敵が最高の状態でも又兵衛で攻めるのは同じ。
さっさと侵攻することにした。迎撃は小早川(戦才84/弓)だろう。
連続で攻める用意はできていないが、とりあえずご挨拶だ。


人材登用   政-戦-智-兵-特技
尼子経久   79-87-94-騎-なし
山中鹿之助  15-81-58-弓-生還


解雇

益田元祥
陶興房


コマンド

援軍(三好家・勝瑞城):土居清宗
合戦(毛利家・日野山城):後藤又兵衛
町投資:児玉就忠
密偵:佐々木小次郎
謀略(毛利家):黒田官兵衛
雇兵(20):山中鹿之助
訓練:尼子経久 七条兼仲
   
     
 



2002年5月6日(月)   73 点
宇宙戦争
 

 
     
  スターウォーズはやっぱり楽しかった。
子供の頃と違い、うがった見方だがw

エビソード1ではかわいく、エピソード2ではヤンキーなアナキンも
あんなにヨボヨボのジジイになるんだな、とか。
同じく、ユアン・マクレガーもじーさまだな、とか。
若きジェダイは若ハゲで、姫も化粧濃いうえにケツアゴだな、とか。
背景の奥の方は、CGじゃなくて単なる絵だな、とか。

エピソード2の予告編は、楽しそうだね。
まあ、予告編なんてものは、おおむねそう見えるんだが。
ナタリー・ポートマンも、レオンの時ほどじゃないけど、
やっぱりかわいかった。

そんなことより、CMの中に重大ニュースが。
もちろんFOXのサイトにメンバー登録までしてるオレは知ってたけど、
なんとダークエンジェル2が7月リリースじゃ。
ジェシカ・アルバの勇姿がまた拝めるわい。
   
     
 



2002年5月12日(日)   60 点
流行病
 

 
     
  6日をにぎわせた流行のウィルスに犯されていたPCがようやく復旧。
NT系のクリーンインストールがよくわかんないとか、
そのうえWindows2000のCDがぶっこわれていたとかで、かなり手こずった
NT系のクリーン化は単にCDブートでよかったみたいだが。

とりあえずWindows98SEにバージョンダウンして復活。
まあ、2Kはドキャフレッツのために導入しただけで、
いまやドキャは触れることすらないので問題ないだろう。
機能的にもなんの問題もない。DOSが使えて便利なぐらいだ。
そんなわけでひさびさの信長。
得意の飽きがきたわけじゃないので、だいしんも安心をw

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
3年目 冬
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貫:215  兵:132
商:237  練:200
米:283  名: 62
金: 40  城: 5

武将     政-戦-智-兵-特技
後藤又兵衛  16-86-65-槍-槍衾
土居清宗   71-70-78-歩-乱戦
児玉就忠   80-12-58-弓-間作
七条兼仲    3-78- 1-歩-志願
黒田官兵衛  91-90-98-槍-智才
佐々木小次郎 11-92-20-歩-一騎
尼子経久   79-87-94-騎-なし
山中鹿之助  15-81-58-弓-生還


小次郎を密偵に出したことで、敵国の同盟関係などがすべて探れた。
以下のように=でつながっている国が同盟関係。

三好家=レオ☆ぽん=C国
G国=赤松家
H国=浦上家
毛利家=大内家

2カ国と同盟しているのはオレだけ。C国はオレが申し込んだ同盟先。
GとHは隣国と同盟する愚考を犯している。
まあ、赤松や浦上に攻め入るときは援軍がうざいだろうが、
こちらにも同盟はあるので問題はないだろう。
三好家が残り2城となって、滅亡が遠くないのは気になるが、
H国の侵攻速度が遅いため、援軍で粘らせることができるかもしれない。

新しい侵攻先は赤松家に決定。
配下に加えたばかりの尼子の爺さんを向かわせた。
赤松家は武将の質・兵力・訓練度どもに低く、
ブルワーカーなみにまったく簡単な相手。
そのうえ、PCの隣接国が増えないという利点がある。

そしてトゥルシエばりの実験がスタート。
忠誠99に対する内応だ。
まず第一段階として、官兵衛をひとり派遣。
相手は毛利両川のひとりである吉川元治だ。
このミッ○ーマ○ヤー的なヤツにどれぐらい効果があるのか。
一門衆隠し忠誠度はあるのか。まずは小手調べだ。

次のターンも内応をかけるため、小次郎は再び密偵。
バガボンドにこそこそさせて、ちょいと申し訳ない感じも。
あとは暇そうな鹿之助に七難八苦を授けてやった。米の売却だ。
我が国はいま貧乏なんじゃ、お主の祖国から戦利金を得られなかったせいでな。
その分、忠勤せい。

↓勢力図
http://www.yomogi.sakura.ne.jp/~muscle/leopong/diary/images/nobu/ch03w.jpg

援軍:七条兼仲 兵10(C国・窪川城)
密偵:佐々木小次郎
合戦:尼子経久 兵50(赤松家・高田城)
進軍中:後藤又兵衛 兵50(毛利家・日野山城)
内応:黒田官兵衛(毛利家・吉川元春)
町投資:児玉就忠 土居清宗
米売却:山中鹿之助

   
     
 



2002年5月13日(月)   52 点
つんく物語のヤツはイケメンだった
 

 
     
  ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
4年目 春
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貫:235  兵: 81
商:267  練:200
米:182  名: 65
金:557  城: 6


武将     政-戦-智-兵-特技
後藤又兵衛  16-86-65-槍-槍衾
土居清宗   71-70-78-歩-乱戦
児玉就忠   80-12-58-弓-間作
七条兼仲    3-78- 1-歩-志願
黒田官兵衛  91-90-98-槍-智才
佐々木小次郎 11-92-20-歩-一騎
尼子経久   79-87-94-騎-なし
山中鹿之助  15-81-58-弓-生還


毛利攻めは槍衾が発動して見事に勝利。
しかし、大内の援軍もあり、兵力をかなり消耗した。
いったん準備期間をもうける必要がある。
次回の侵攻は秋と定め、一挙に60を雇兵、2ヶ月かけて訓練だ。

その間は、官兵衛の内応で裏から毛利を攻める。
先日の内応は成功し、元春の忠誠度を11下げてきた。
一度99から下げてしまえばあとは簡単だろう。
内応の成功率には大名の名声差(毛利=47)も関係あるので、こちらに有利だ。
今回は完璧に引き抜くべく、官兵衛に加えて恒久を派遣した。
↑ウッソーん 次の日の話だったw 今回は官兵衛のみ

密偵でその他の国も丹念に調べたが、オレの解雇した武将が各国にw
どこも大変だなぁ。なにしろいい武将が一部に集まりすぎだ♪
まあ、兼仲や児玉はいずれリリースするので、
みんな楽しみに待っていて欲しいのう。

同盟国の三好家からふたつも援軍要請が来ていたが、
兵士・訓練度ともに100程度。
もはや守りきることは不可能なんで、ささやかな兵力を送る。
名声だけ稼いで、グッバイありがと〜さ〜よオナラ〜♪(つんく)だな。
長宗我部はまだしぶとく生きているが、今後の南の領土争いは見物。
C国とH国で激しい争いが生まれそうだ。
そのスキをつけば、E国やG国もなにかアクションを起こせるはずだ。
こっちは悠々と領土拡大。楽しい展開になってきたぞ。


援軍:山中鹿之助(三好家:州本城 兵10)
援軍:児玉就忠(三好家:牛岐城 兵10)
進軍中:尼子経久(赤松家・高田城 兵50)
密偵:土居清宗
内応:黒田官兵衛
雇兵:佐々木小次郎(60)
訓練:後藤又兵衛 七条兼仲
   
     
 



2002年5月13日(月)   54 点
SAKON 6巻でうち切り・残念じゃ
 

 
     
  ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
4年目 夏
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貫:272  兵:169
商:267  練:166
米:182  名: 70
金:372  城: 7


武将     政-戦-智-兵-特技
後藤又兵衛  16-86-65-槍-槍衾
土居清宗   71-70-78-歩-乱戦
児玉就忠   80-12-58-弓-間作
七条兼仲    3-78- 1-歩-志願
黒田官兵衛  91-90-98-槍-智才
佐々木小次郎 11-92-20-歩-一騎
尼子経久   79-87-94-騎-なし
山中鹿之助  15-81-58-弓-生還


吉川はまだ抜けず。春の税収で得た資金でケアされてしまった。
金がある場合はCOMも対応してくるようだし、1ターンで抜かねばなるまい。
よって、今度は合戦から帰国した経久も投入することにした。
今度こそ連れてきてほしいものだ。

訓練度はマックスではないが、赤松家が兵士10、訓練度100程度なので、
2つの城に同時侵攻してプッチモニっと滅ぼすことにした。
他国も侵攻してきている可能性を考えて、一応きちんとした兵力を持たせる。
中国四国地方は城の数そのものが多いので、こういうチャンスはいかさねば。

それにしてもやりたいことが多くて人手が足りない。
もはや開墾などしてる場合じゃないのだが、
児玉はほかにやることもない。早く入れ替えたいのう。
つっても今回仕官してきた尼子晴久や、
捕縛した政秀では褒美をやるのがアホくさいので、入れ替えはなし。
やはり元春を引き抜くのがベストだ。

なんとなく『SAKON』を読む。
月刊ジャンプでやっていた原哲夫の漫画で、
週刊ジャンプの影武者徳川家康と同じ世界観を使っている。
その中で島左近らのライバルとして「羅刹衆」なるものが登場。
すさまじい剣術・忍術などの使い手たちなのだが、
こいつら、尼子家・山中鹿之助の家来だったらしい。
オレの中で、鹿之助評価がささやかにアップした。
あとは、島左近がかっちょよすぎて、次は近畿突入かなというところ。


合戦:後藤又兵衛(赤松家・鶴首城 兵50)
合戦:山中鹿之助(赤松家・林野城 兵50)
内応:黒田官兵衛 尼子経久(毛利家・吉川元春)
開墾:児玉就忠
訓練:佐々木小次郎 七条兼仲
密偵:土居清宗
   
     
 



2002年5月14日(火)   57 点
大消費の予感
 

 
     
  今日は取材で渋谷GIGOに行って来た。
お目当てはロケテスト中の
『ワールドクラブ チャンピオンフットボール セリエA 2001-2002』。
トレーディングカードを使った大型筐体のゲームで、
サカつく+ダービーオーナーズクラブ+遊戯王な感じ。
概要はhttp://sega.jp/arcade/wccf/で。

14:00に到着、整理券をもらい2時間待ち……。
メシを食い、喫茶して15:30頃GIGOに戻り、1時間待ち。
ようやくプレイできたが、ハッキリ言って最高に楽しい。
スターティングパック1000円+1プレイ300(2プレイ500)円は
かなり経済状況を圧迫するが、これはマズイ。つぎこんでしまいそうだ。
先週の金曜からロケテは始まってるようだが、すでに主みたいな人がいた。
すでに相当つぎ込んでいるようだ。
某eb社の知り合いにも遭遇。会社が近いこともあり、中毒者続出とのこと。
サッカー好きにはたまらなすぎる。

1プレイでできることは、練習、編成、試合。
練習ではもちろんチームを強化できる。
連携なども強化されていくようだ。
試合のシステムは画期的だが、説明が面倒なので
詳細はhttp://www.hitmaker.co.jp/game/Champion_Fb/home.htmlで。
試合終了後には、勝敗に関わらず選手カードがもらえる。
運が良ければレアカードゲット。
このカードがしっかり作られていて、ふつうに収集欲をそそられるね。
オレの今日の成果はブッフォン。
いきなり最高のキーパーをゲットできてモチベもアップした。
明日、会社帰りに渋谷まで行きそうだよw


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
4年目 秋
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貫:235  兵: 69
商:267  練:200
米:516  名: 70
金:342  城: 7


武将     政-戦-智-兵-特技
後藤又兵衛  16-86-65-槍-槍衾
土居清宗   71-70-78-歩-乱戦
黒田官兵衛  91-90-98-槍-智才
佐々木小次郎 11-92-20-歩-一騎
尼子経久   79-87-94-騎-なし
山中鹿之助  15-81-58-弓-生還

IN:
海野六郎   16-89-90-歩-水攻
吉川元春   62-93-80-騎-捕縛

OUT:
児玉就忠   80-12-58-弓-間作
七条兼仲    3-78- 1-歩-志願


三度目の正直で元春を引き抜くことができた。
如水イェー。ニコガクイェー。経久の援護は必要なかった。
忠誠99から動揺で88(智才発動)、その状態への内応で一発ゲットが可能なようだ。
次の標的は清水宗治。元春の結果を考えるに、
官兵衛で動揺→経久で引き抜きと、1ターン獲得もできそうな気がする。

C国はついに長宗我部のクビを取りに動いた。
H国のほうは、なかなか三好にトドメを刺しに行かない。
オレの援軍次第では負ける可能性があるので、それを気にしているのか。
かなり慎重なプレイヤーのようだ。

元春に加え、在野から海野六郎(16-89-90-歩-水攻)が仕官してきたため、
陣容はさらにパワーアップした。これで戦闘70以下はいなくなった。
解雇は児玉と七条。まずまず役だってくれたふたり。ご苦労さん。


援軍:海野六郎(C国侵攻:長宗我部家・白地城 兵60)
進軍中:後藤又兵衛 山中鹿之助
内応:黒田官兵衛 尼子経久(毛利家・清水宗治)
密偵:土居清宗
雇兵:佐々木小次郎(40)
訓練:吉川元春
   
     
 



2002年5月16日(木)   65 点
シェフチェンコー!
 

 
     
  仕事が終わったら渋谷へ。今日はぼりとさとうも合流。
WCCFを堪能した。
20:00に整理券をもらい「回ってこないかもしれない」
と言われたが、キャンセルがいくつか出たため無事プレイ。
今日の相手はこちらより経験も選手も豊富な相手が多く、
負けが続いてしまった。
しかし! んなことはどうでもいい選手をゲット。
「ウクライナの矢」シェフチェンコだ!
インザーギもゲットし、いっきにフォワードがパワーアップ。
昨日以上にやる気が出てしまった。ホント、まずいよ。このゲーム。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
4年目 冬
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


貫:310  兵:208
商:287  練:181
米:628  名: 76
金:310  城: 9


武将     政-戦-智-兵-特技
後藤又兵衛  16-86-65-槍-槍衾
黒田官兵衛  91-90-98-槍-智才
佐々木小次郎 11-92-20-歩-一騎
尼子経久   79-87-94-騎-なし
山中鹿之助  15-81-58-弓-生還
海野六郎   16-89-90-歩-水攻
吉川元春   62-93-80-騎-捕縛

IN:
清水宗治  18-83-53-槍-鼓舞

OUT:
土居清宗   71-70-78-歩-乱戦


案の定、赤松家はあっさり滅亡。兵の消耗も一桁だった。
清水も内応でさっくりゲット。こりゃユカイだ。
そんな喜びもつかの間、
起こったらイヤだなと思っていたタイミングで競売が起きてしまった。

今はちょうど経済的に苦しいところ。来年以降ならよかったものを……。
とりあえず密偵は入れてあるので、午前2:30に各国の金の状況を探る。
…………どこも貧乏だったw
我が国以上に金を持ってるのは、B国とD国のみ。
彼らが競売にどの程度金を投入するかは、
夜の情報を見ることで推測ができる。
よって、とりあえず金を必要としない行動だけを入力することにした。

というわけで、米だけ必要な合戦。上記のリッチーB国に侵攻を開始した。
どの兵科で攻めても戦才50〜70のアンチ兵科で迎撃されそうなので、
歩兵の小次郎を派遣。一騎打ちで勝ってくればしめたものだ。
こちらの訓練度は181だが、たとえ訓練度200(現在163)で迎え撃たれても、
動員兵と戦才差が大きく、問題なく勝利できる計算だ。
同盟は見えないが、名声50だし同盟国はないだろう。
念のため、こちらの援軍10、むこうの援軍50でも計算し、これも勝利。
Dのツール、ホントにサイコーだね!

本来は、いつでも倒せるB国は放置し、宇喜多直家のいる浦上家を攻めたかったのだが、
浦上家はいつのまにか名声がウチと同レベルなうえ、訓練度も200だった。
名声が同じと言うことは、同盟国が複数ある可能性もある。
戦才の高い武将で密偵を入れ、同盟関係を調査しておかなければ。
すでにH国との同盟は確認しているので、
毛利とC国に挟まれる厳しい状況ながら、しぶとく踏ん張っているE国あたりがクサイ。
H国とE国が手を組めば、
ウチに次ぐ強国であるC国を消耗戦に持ち込んで倒すことも可能だからだ。
いずれは敵になる国だが、いまは滅びてもらっては困る。
よって、このターンE国に攻められているC国には、最大限の兵70を派遣した。
敵が槍だったので、こちらの武将は鹿之助。
土居を入れ替えたいまとなっては国一番の虚弱だが、
突然重要な仕事を任せることになった。

B国の夜までの動き。とりあえず金100が減っていた。
何とも中途半端な減り具合。
可能性としては、内政×5+訓練×3+競売に50か、
内政+訓練+米購入で100で、競売は他のプレイヤーの情報待ち、というところか。
今までのパターンだと訓練が毎ターン10ほど増えているが、
これはB国の325という兵力+武将の戦才を考えると武将3人分の働き。
すると残りの5人で内政をしている可能性は非常に高い。
合戦をしないので米も533と大量に持っているし、
わざわざ無駄な米購入をするというのもオカシイので、
このターンは訓練×3+内政×5+競売50で100の出費というのが妥当な線か。

もうひとつのD国は、金90減り、兵も50ほど減っていた。
D国最強の別所長治(戦78/騎)が訓練度110で攻めたとなると、
訓練度72で武将も弱い山名家か。
72の総兵力から50も割いたとなれば、さすがに援軍ではないはずだ。
4年目秋にもなって武将7人、忠誠度も全員放置、
内政も兵も訓練も半端な国なので、プレイヤーの技量以前に、
毎日アクセスしてない可能性が高い。
となると他国の情報をこまめに確認することもなさそうなので、
競売の入札を他国の情報待ちで待機しているわけもないだろう。
合戦×1+内政×4+訓練×2+競売50で90の出費か。

その他ではE国が金132を取得していたので、
ウチは150を投入することにした。
100節約して入札したので、これで競り落とせればラッキーだ。

もののついでに発見したのは、ウチと隣接しているG国の出兵。
名声47で兵が60ほど減っているので、どこぞへの援軍だろう。
ひょっとすると、E国への助太刀かもしれない。
(名声47の場合、自国が合戦する際の動員兵は50までだが、
援軍の場合は、相手国との友好度だけで最大派遣数が決まる)
G国は明石全登(戦81/槍)、黒田長政(戦81/槍)などを召し抱え、
人材的には2〜3番手のポテンシャルがある国。
人的余裕からもまともな武将が率いた軍が行くはずだ。
これでE国がH国とも同盟していたら、2国から援軍が来ることになる。
E国とC国の武将の差を考えると、無謀とも思えるこのE国の侵攻は、
援軍の裏付けがある行為とも取れる。
C国の宮本武蔵が迎撃すれば、GとHが最強武将で最大援軍(おそらく60)を
派遣しても、鹿之助70の援軍でかろうじて勝てる計算だった。うーむ、かなりきわどい。
まあ、援軍勝利でありがたがってもらえれば、いずれ何らかの形で返してくれよう。
負けるとなると、3カ国以上の連合を2国で相手にすることになり、
今後の戦略は慎重にならざるを得なくなる。

で、このターンのもうひとつの楽しみがまたまた内応。
忠誠99が1ターンで引き抜けることが分かり、
はっきり言ってやみつきになっている。
次のターゲットは両川の片割れ、小早川隆景だ。
智才が高いので保険として六郎も派遣して置いた。
3人派遣しても失敗する可能性はあるだろうが、
訓練は2人で十分だし、雇兵する金もない。
いまさら内政するぐらいなら、実益と実験をかねる内応のほうがいい。
どこかの大名が毛利と戦った際に、小早川を捕らえる可能性はゼロじゃないからな。
それに、今後のプレイにもこの内応連打の結果はいきてくるはずだ。

しかし、今回の日記は長かった……。朝夜の二部構成だからだな。
競売、内応と、明日の報告が楽しみだ。


援軍:山中鹿之助 兵70(E国侵攻:C国・窪川城)
合戦:佐々木小次郎 兵60(B国・八橋城)
内応:黒田官兵衛 尼子経久 海野六郎
訓練:後藤又兵衛 清水宗治
密偵:吉川元春
   
     
 



2002年5月17日(金)   64 点
のどが痛ぇー
 

 
     
  ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
5年目 春
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貫:317  兵:132
商:287  練:200
米:684  名: 81
金:597  城: 9

武将     政-戦-智-兵-特技
後藤又兵衛  16-86-65-槍-槍衾
清水宗治   18-83-53-槍-鼓舞
黒田官兵衛  91-90-98-槍-智才
佐々木小次郎 11-92-20-歩-一騎
尼子経久   79-87-94-騎-なし
山中鹿之助  15-81-58-弓-生還
海野六郎   16-89-90-歩-水攻
吉川元春   62-93-80-騎-捕縛

弓は無事落札。めでたしめでたし。
鹿之助の活躍の場が増えそうだ。
3人がかりで行った内応の方は、
官兵衛(動揺)、経久(動揺)、六郎(失敗)という結果に。
小早川隆景の知謀の高さからか、簡単には引き抜けないようだ。
現在毛利に金もあるので、とりあえず内応の実験はいったん終了。
浦上家の宇喜多直家(智98-智才)を獲得後にもう1回試してみることにしよう。
つーわけで、弓ドーピングの鹿之助をさっそく浦上家に派遣した。
風邪で調子悪いので短めで。

援軍:清水宗治 兵20(C国侵攻 E国・中村城)
進軍中:佐々木小次郎
合戦:山中鹿之助 兵70(浦上家・天神山城)
内応:黒田官兵衛 尼子経久
雇兵:後藤又兵衛 兵30
訓練:吉川元春 海野六郎
   
     
 



2002年5月18日(土)   51 点
ダンシング! 夏祭り
 

 
     
  ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
5年目 夏
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


貫:317  兵:120
商:307  練:200
米:314  名: 85
金:999  城: 10


武将     政-戦-智-兵-特技
後藤又兵衛  16-86-65-槍-槍衾
清水宗治   18-83-53-槍-鼓舞
黒田官兵衛  91-90-98-槍-智才
佐々木小次郎 11-92-20-歩-一騎
尼子経久   79-87-94-騎-なし
山中鹿之助  15-81-58-弓-生還
海野六郎   16-89-90-歩-水攻
吉川元春   62-93-80-騎-捕縛


そろそろ本格的な雇兵と訓練、そして侵攻を開始。
南のほうが混沌としているうちに、北側を統一しなければ。
内応にハマって、ちょっと遊びすぎたかもしれない。
これから怒濤のように攻めていくぞっと。

つーわけで、B国にトドメを刺すべく佐々木小次郎が再び出陣。
向こうはウチか山名家に侵攻して勝利しない限り、滅亡だ。
ウチにはたとえ訓練度に50以上の差があっても勝てないから、
山名家に攻め込んでいるかもしれないな。

あとはめんどくさい祭りが起きた。
競売といい、どうも悪いタイミングで起きるな。
「そ・それダンシン♪ 夏祭りわっしょい!」と
ブタ化から少し復帰した頃のなっちの声が聞こえてきたが、
今回は大幅に雇兵、そして訓練したかったので、
武術大会にだけ又兵衛を派遣し、残りはパスパスプァースだ。


進軍中:山中鹿之助
合戦:佐々木小次郎 兵70(B国・羽衣石城)
雇兵:清水宗治 兵70
訓練:吉川元春 黒田官兵衛 海野六郎 尼子経久
武術大会:後藤又兵衛
   
     
 



2002年5月19日(日)   62 点
志村けんイェー
 

 
     
  ほとんど毎日見ている「ハロモニ。」だが、ホントおもろくねーw
最近ネタも少なくなってきたし。
とくにハロモニ学園のコント。学芸会の練習か。
「ミニモニ。」だけの番組にしたほうが、ウケがいいはずだ。
『アイ〜ン!ダンスの歌』はいいね。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
5年目 冬 〜 6年目 春
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

どうも記録がない。
毎日書いているつもりでいたが、2日も飛ばしていたようだ。
次の記録を見る限り、大きな動きはない様子。
それはそれで問題があるような気もするが。
まあ、細かいことは気にするまい。
   
     
 



2002年5月22日(水)   54 点
早寝早起き
 

 
     
  ようやく病から復帰。
今回はなかなかキツかった。
まだ完調ではないが動けるようにはなった。
金・月と会社を休んじまったんで、その分働かないと。
って、昨日すでにそれは働いたんだが。
メシ食って帰宅が22:00で、22:30には就寝。
病気の時はさっさと寝るに限る。
もちろん信長だけは忘れないがな。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
6年目 夏
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貫:480  兵:245
商:398  練:197
米:420  名: 97
金:999  城: 14

武将     政-戦-智-兵-特技
後藤又兵衛  16-86-65-槍-槍衾
清水宗治   18-83-53-槍-鼓舞
黒田官兵衛  91-90-98-槍-智才
佐々木小次郎 11-92-20-歩-一騎
尼子経久   79-87-94-騎-なし
山中鹿之助  15-81-58-弓-生還
海野六郎   16-89-90-歩-水攻
吉川元春   62-93-80-騎-捕縛

合戦は2国とも勝利。小次郎は一騎打ちで兵の消耗をおさえてくれた。
吉川は小早川と対決。もちろん楽勝だったが、捕縛は発動しなかった。残念。
4つの援軍のおかげで名声はいっきに97へ。
兵士を80動員できるようになった。
密偵の報告によると、浦上家が兵士78・訓練90と食べ頃。
宇喜多直家も配下に加えたいし、早速鹿之助と小次郎を派遣する。

毎度面倒な夏祭りのイベントも発生。
兵士欲しさで御前試合に又兵衛と、
お宝「南蛮菓子(手切時名声低下率DOWN)」のために茶会へ官兵衛を出した。
期限までにこちらから同盟を切る可能性は低いが、
もらっておいて損はあるまい。

御前試合:後藤又兵衛
茶会:黒田官兵衛
合戦:山中鹿之助 兵70(浦上家・岡山城)
合戦:佐々木小次郎 兵70(浦上家・上月城)
雇兵:清水宗治 兵40
訓練:吉川元治 尼子恒久
   
     
 



2002年5月23日(木)   47 点
オーレー オレオレオレー
 

 
     
  ウイイレのチームJリーガー、選手を集め終わった。
スタメンは、

           カレカ
 ストイコビッチ
       ジーコ
アモローゾ       リトバルスキー
      ドゥンガ
レオナルド       ジョルジーニョ
     洪明甫 ブッフバルト
      シジマール

控えは、
FW:リネカー、エジウソン、エムボマ、ストイチコフ
MF:中田英寿、稲本潤一、小野伸二、サンパイオ、ディアス
DF:ザーゴ、ファネンブルグ
GK:川口能活
2軍:ミューレル、スキラッチ

スタメンはJへの貢献度(+外人であること)を重視して選択。
アモローゾは貢献度低いけど、趣味で。
GKは人が少ないのでシジマールで。
シジマール、ジョルジーニョはEDIT選手。
キャプテンはドゥンガ。なかなかいいチームだ。

次に計画しているのは、チームフリーキッカー。
チーム全員をフリーキックの名手で固める予定。
その日の調子でフリーキッカーを決めるチームだ。
オレにしては選手数が多いコンセプトなので、
現役選手だけで固める予定。
代表漏れした俊輔も、FK数値を上げて入れてやるかな。
なにしろ、俊輔を嫌ってるトルシエですら、
FKトーナメントがあったらジダンにも勝てるなどと言ってるぐらいだからな。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
6年目 秋
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貫:496  兵:165
商:398  練:200
米:956  名: 97
金:789  城: 14


武将     政-戦-智-兵-特技
後藤又兵衛  16-86-65-槍-槍衾
清水宗治   18-83-53-槍-鼓舞
黒田官兵衛  91-90-98-槍-智才
佐々木小次郎 11-92-20-歩-一騎
尼子経久   79-87-94-騎-なし
山中鹿之助  15-81-58-弓-生還
海野六郎   16-89-90-歩-水攻
吉川元春   62-93-80-騎-捕縛


又兵衛は御前試合3位。1回戦で武蔵に敗れおった・・・。
褒美にもらえた兵士はたった14だった。
そのうえ間違いなく勝てるとふんでいた官兵衛もC国・長宗我部元親に敗れ2位。
ううむ。いまいちな結果。
家宝もあることだし同盟は向こうから切ってもらおう。

合戦の結果を待つ間に、雇兵と訓練。
また一騎打ちで兵を節約してほしいものだ。


進軍中:山中鹿之助 佐々木小次郎
雇兵:清水宗治 兵80
訓練:吉川元春 黒田官兵衛 海野六郎 尼子恒久 後藤又兵衛
   
     
 



2002年5月25日(土)   67 点
チリトマト
 

 
     
  最近、チリトマトヌードルブームが再来している。
マジでうまい。しかし、近所のコンビニから消えつつある。
マジでまずい。買いだめしておく必要があるわい。

明日は朝9時に渋谷に行くことになった。
オレが1週間おとなしくしている間に、
抜け駆けしているヤツらがいる様子だ。
ゆるせん。カードを献上してもらおうw


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
6年目 冬
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貫:553  兵:339
商:458  練:199
米:993  名: 97
金:587  城: 16

武将     政-戦-智-兵-特技
後藤又兵衛  16-86-65-槍-槍衾
清水宗治   18-83-53-槍-鼓舞
黒田官兵衛  91-90-98-槍-智才
佐々木小次郎 11-92-20-歩-一騎
尼子経久   79-87-94-騎-なし
山中鹿之助  15-81-58-弓-生還
海野六郎   16-89-90-歩-水攻
吉川元春   62-93-80-騎-捕縛

合戦は当然勝利。負ける要素は万に一つもないはず。
鹿之助の相手は宇喜多直家。敵にA国から50、H国から80の援軍がきていたが、
こちらはC国の50だけで余裕の勝利。
小次郎は無欠開場だ。どこぞの剣聖とは違う。
次はいよいよ浦上家へのトドメ。
兵士もいないし、赤子の手をひねるようにつぶしてくれよう。
米も余ってるし、兵80で2城に進軍。
今まで同様に鹿之助+小次郎コンビだ。

兵士も余ってるし、毛利領にも元春で進行。
南から北への侵攻が難しくなるように、新高山城を目標にした。
再来月は来島城、三原城と攻め込み他国の毛利侵攻を妨げる予定だ。

それにしても、南側が静まっている。
このあいだの4戦で各国疲れているところに、
オレの進軍先に援軍を送る必要があって、軍備がおいつかないのだろう。
こっちはうざい援軍要請がなくなって、すばらしい。

今オレになにかアクションを起こしてくるとすればG国。
ただ、これまでまったく侵略行為を行っていないので、
隙も見せていないのにオレに攻め込んでくることはなさそうだ。
武将の質・量はC国に勝るほどなのに、おとなしすぎるのは性格か偽PCか。
このままおとなしくしておれ。

合戦:山中鹿之助(浦上家・砥石城)
合戦:佐々木小次郎(浦上家・姫路城)
合戦:吉川元春(毛利家・新高山城)
雇兵:清水宗治 兵80
訓練:黒田官兵衛 海野六郎 尼子経久 後藤又兵衛
   
     
 



2002年5月25日(土)   65 点
ナカータ・チェキラッチョ!
 

 
     
  今日は久々にWCCFをやりに渋谷へ。
朝から行くが、カードを会社におきっぱだったため、
ぼりのワンプレイを見た後、飯田橋へ。
ついでに超おすすめのクレープ屋で昼飯を食った。

夕方と夜とで計2回(121クレジット分)プレイ。
ぼりからもらったカードを含め、6人の選手を入れ替えた。
FWはインザーギとシェフチェンコのACミランツートップ。
MFは一気に充実して6人入れ替え。
トップ下にモチベーションも高まる中田。
サイドは左にネドヴェド、右にザンブロッタのユーベコンビ。
中盤の底にはタッキナルディ、アルベルティーニという
イタリア代表の心臓コンビ。
DFはカンナヴァロ、ユリアーノ、モンテーロ。GKはブフォンだ。
控えはまだ物足りないが、GKだけはパリュウカを所持し、
ブフォンっとの最強コンビとなっている。
このゲーム、もっとも疲労しやすいのがなぜかGKで、
必ず入れ替える必要があるため、このコンビはかなり重要。

ダヴィッツ、トレゼゲ、トッティ、バティステュータなど、
ほしい選手はまだまだたくさんいるが、チームの形ができた。
こいつぁますますやる気が出てきたぞい。

ちなみに晩飯は渋谷をうろついて適当な台湾料理屋をチョイスしたんだが、
こいつがなかなかいい店だった。
一品料理が180円からあって(スープやミニラーメン)、
いろんな料理を楽しむことができた。
エビの揚げ饅頭はかなりゴ・キ・ゲ・ンだ〜ぜ〜♪(by ISSA)
店の名前は忘れたw 間違いなくまた行くから今度確かめておこう。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
7年目 春
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貫:576  兵:186
商:458  練:184
米:776  名: 97
金:873  城: 16

武将     政-戦-智-兵-特技
後藤又兵衛  16-86-65-槍-槍衾
清水宗治   18-83-53-槍-鼓舞
黒田官兵衛  91-90-98-槍-智才
佐々木小次郎 11-92-20-歩-一騎
尼子経久   79-87-94-騎-なし
山中鹿之助  15-81-58-弓-生還
海野六郎   16-89-90-歩-水攻
吉川元春   62-93-80-騎-捕縛

このあたりは風邪で体調を崩していたこともあり、
当時の記録が淡泊なため、どうも詳細を書けない。
やりたいことが多くて、密偵を入れられてないようだ。
浦上家討伐(宇喜多獲得)と毛利討伐で進行中。
それだけかな。

進軍中:山中鹿之助 佐々木小次郎 吉川元春
雇兵:清水宗治 兵40
訓練:黒田官兵衛 海野六郎 尼子経久 後藤又兵衛
   
     
 



2002年5月27日(月)   54 点
マイナーですらプロですら甲子園ですらない
 

 
     
  洗濯や掃除などして家で過ごした。
メジャーを読み返して思ったことは、
最初のほうで登場したギブソンとかいう投手以外、
まったくマンガとメジャーとは関係ないってことだ。
試練といったらケガばっかりだし、
いい加減にワンパターンな内容にうんざりしてきたよ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
7年目 夏
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貫:647  兵:351
商:498  練:200
米:501  名: 97
金:969  城: 19

武将     政-戦-智-兵-特技
後藤又兵衛  16-86-65-槍-槍衾
清水宗治   18-83-53-槍-鼓舞
黒田官兵衛  91-90-98-槍-智才
佐々木小次郎 11-92-20-歩-一騎
尼子経久   79-87-94-騎-なし
山中鹿之助  15-81-58-弓-生還
吉川元春   62-93-80-騎-捕縛

IN:
宇喜多直家 94-78-98-弓-智才

OUT:
海野六郎  16-89-90-歩-水攻


ついに宇喜多をゲット。
訓練効率は落ちるが、気分的に海野六郎よりいい。
C国の援軍要請にささやかに応え、
自らも毛利への本格侵攻を開始した。
矢の1本かけた毛利など、背骨バキってな具合に折ってやろう。


援軍:山中鹿之助 兵20(C国侵攻 E国・松葉城)
援軍:清水宗治  兵20(C国侵攻 H国・十河城)
合戦:吉川元春   兵80(毛利家・来島城)
合戦:佐々木小次郎 兵80(毛利家・三原城)
雇兵:宇喜多直家 兵50
訓練:黒田官兵衛 尼子恒久 後藤又兵衛
   
     
 



2002年5月28日(火)   54 点
渋谷が俺を呼ぶ・・・
 

 
     
  仕事をさっさと終え、渋谷へ。
選手的収穫ゼロ……。
チームは連携が高まり、シェフチェンコの特典能力が開花してきた。
シェフの圧倒的なスピードをいかすには前方にスペースが必要で、
そうするとウチの司令塔である中田と、
かなりポジションがダブってしまう。
ひょっとするとトップ下は不要で、シェフの一段下の左右に
パサーをふたり配置するのがよいかも。

もうひとつの課題はスリーバックの守備力。
当然だがサイド攻撃にはどうしても不利になってしまう。
サイドから切り込まれると、スリーバックのうちふたりがそのケアにまわるため、
逆サイドにセンタリングがあがると、かなりフリーにシュートまでいかれてしまう。
それを防ぐために、ダブルボランチを置いているんだが、
カードを入手したばかり(=チームに入れたばかり)で
連携が低いこと+守備に優れた選手ではないことで、
どうもカバーリングに難がある。連携をあげて解消できればよいのだが……。

理想はやはり4バック。
左サイドにマルディーニ、右にテュラムを配置をする状況が夢にも出てきそうだ。


信長日記は今日から近畿なので、いっきょ2日分掲載。
山名家を滅亡させ、毛利の城を駆逐に。
同盟C国もH国討伐に本格的に始動している。
C国と手切れするとしたら、終了1年前ぐらいになりそう。
お互い統一はムリだし、このまま平和に2国繁栄が続きそうだ。
2大強国が同盟していては、まわりはたまらんだろうなぁ。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
7年目 秋
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貫:658  兵:247
商:498  練:195
米:999  名:100
金:707  城: 19

武将     政-戦-智-兵-特技
後藤又兵衛  16-86-65-槍-槍衾
清水宗治   18-83-53-槍-鼓舞
黒田官兵衛  91-90-98-槍-智才
佐々木小次郎 11-92-20-歩-一騎
尼子経久   79-87-94-騎-なし
山中鹿之助  15-81-58-弓-生還
吉川元春   62-93-80-騎-捕縛
宇喜多直家  94-78-98-弓-智才


合戦:後藤又兵衛 兵80(山名家・若桜鬼ヶ城)
進軍中:吉川元春 佐々木小次郎
密偵:清水宗治
米売却:山中鹿之助
雇兵:宇喜多直家 兵30
訓練:黒田官兵衛 尼子経久


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
7年目 冬
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貫:658  兵:310
商:558  練:197
米:860  名: 95
金:886  城: 21

武将     政-戦-智-兵-特技
後藤又兵衛  16-86-65-槍-槍衾
清水宗治   18-83-53-槍-鼓舞
黒田官兵衛  91-90-98-槍-智才
佐々木小次郎 11-92-20-歩-一騎
尼子経久   79-87-94-騎-なし
山中鹿之助  15-81-58-弓-生還
吉川元春   62-93-80-騎-捕縛
宇喜多直家  94-78-98-弓-智才


援軍:清水宗治 兵20(C国侵攻 H国・天霧城)
援軍:宇喜多直家 兵20(C国侵攻 H国・仏殿城)
合戦:吉川元春 兵80(毛利家・佐東銀城)
合戦:佐々木小次郎 兵80(毛利家・瀬戸山城)
   
     
 



2002年5月29日(水)   62 点
バナナシュート
 

 
     
  近畿編初日でとんでもないやる気が起きている。
よって中国編はまた2回分掲載。早く終わらせて次に行こう。

今日は耳の奥、脳の中側が妙に痛む。
息を吸ったときに痛いし、振動があるともっと痛い。
なんの病気だろう? だいしんのレスに期待w

ウイイレも新たにチーム・フリーキッカーズに移行。
ただし、フリーキック関連だけを判断基準にすると、
たんに強い選手の集まりになるので、
1国1人まで+フリーキック能力優先という縛りを設けた。
各国のフリーキッカーナンバーワンを集めまくる感じだ。
しかし、前回のチームJリーガーと違って、金がかかりすぎ。
フィーゴとシェフチェンコを取ったらジリ貧になった。
ベッカムやロベカルを獲得するのは、先の話になりそうだ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
8年目 春
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貫:692  兵:228
商:558  練:198
米:720  名: 93
金:999  城: 22

武将     政-戦-智-兵-特技
後藤又兵衛  16-86-65-槍-槍衾
清水宗治   18-83-53-槍-鼓舞
黒田官兵衛  91-90-98-槍-智才
佐々木小次郎 11-92-20-歩-一騎
尼子経久   79-87-94-騎-なし
山中鹿之助  15-81-58-弓-生還
吉川元春   62-93-80-騎-捕縛
宇喜多直家  94-78-98-弓-智才


山名家滅亡。E国が最後っ屁とばかりにウチに攻めてきた。
敵将は村上武吉(戦77-鉄-鼓舞)。
特技が発動すると、同じ鼓舞発動の宗治以外は誰でも負けてしまう。
名声が93まで落ちてしまったのもその要因のひとつ。
発動率の低い鼓舞のことは考えずに、とりあえず鹿之助で迎撃。
家宝のおかげで安定した戦闘力を期待できるからだ。
仮に負けても、しぶとく生還してくれるだろう。

次ターンはいよいよ毛利家滅亡だ。


進軍中:吉川元春 佐々木小次郎
迎撃:山中鹿之助 兵70(E国侵攻・来島城)
雇兵:宇喜多直家 兵50
訓練:黒田官兵衛 尼子経久 後藤又兵衛 清水宗治


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
8年目 夏
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貫:722  兵:382
商:638  練:200
米:470  名: 93
金:999  城: 24

武将     政-戦-智-兵-特技
後藤又兵衛  16-86-65-槍-槍衾
清水宗治   18-83-53-槍-鼓舞
黒田官兵衛  91-90-98-槍-智才
佐々木小次郎 11-92-20-歩-一騎
尼子経久   79-87-94-騎-なし
山中鹿之助  15-81-58-弓-生還
吉川元春   62-93-80-騎-捕縛
宇喜多直家  94-78-98-弓-智才

IN
毛利元就   98-96-99-騎-甘言
小早川隆景  93-84-92-弓-施与

OUT
尼子経久
清水宗治

迎撃戦は敵に鼓舞が発動せず勝利。
毛利攻めは小次郎が一騎打ち勝利し、元春も兵14の消耗で勝った。
捕縛武将は毛利元就、小早川隆景、毛利輝元の3人。
リストの一番上にいたもんで、マジで危うく輝元を雇いそうになった。危ない。
解雇武将は元就と同じ騎馬の経久と、槍の宗治。
鼓舞は強力な能力だが、発動率も低く安定感はない。
そのうえアンチ+家宝の弓効果で、宗治が他家に流れても楽々倒せるためだ。
経久は初期からかなり頑張ってくれたが、まあしょうがあるまい。
それにしても2人とも素晴らしい能力。
九州のDを見習って内政でもやるか。

このターンは迎撃と援軍要請があわせて5つ。
鳥取城に攻め込んだのは、B国・宇喜多秀家(戦72-槍-槍衾)。
アンチの鹿之助でさくっと迎撃してしまおう。
援軍は攻めと守りで2つずつだったので、
攻め側に20、守り側に10派遣してささやかな名声稼ぎ。

訓練の人手が足りないので雇兵は控え、
内政と謀略を行った。元就の甘言パワーを見たいね。


迎撃:山中鹿之助 兵70(B国侵攻:鳥取城)
援軍:黒田官兵衛 兵20(C国侵攻:H国・三木城)
援軍:吉川元春  兵20(C国侵攻:E国・湯築城)
援軍:後藤又兵衛 兵10(E国侵攻:C国・仏殿城)
援軍:宇喜多直家 兵10(E国侵攻:C国・大洲城)
密偵:佐々木小次郎
開墾:小早川隆景
謀略:毛利元就 G国
   
     
 



2002年5月30日(木)   56 点
風邪気味なのは治らず
 

 
     
  渋谷に呼ばれるも、おとなしく帰宅。
脳の痛みは寝たら治っていた。睡眠万歳。

あややのニューシングル「Yeah!めっちゃホリディ」発売。
相変わらずノリのいい曲で、個人的には振り付けが気に入った。
ただし、歌詞にオヤジ臭さが漂うところもあり。まあ、ねらいかな。
あややオフィシャルページを見たら、
ゲームボーイの『鉄拳』が楽しいとマニアックなことが書いてあった。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
8年目 秋
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貫:760  兵:308
商:638  練:200
米:999  名:100
金:979  城: 24

武将     政-戦-智-兵-特技
後藤又兵衛  16-86-65-槍-槍衾
黒田官兵衛  91-90-98-槍-智才
佐々木小次郎 11-92-20-歩-一騎
山中鹿之助  15-81-58-弓-生還
吉川元春   62-93-80-騎-捕縛
宇喜多直家  94-78-98-弓-智才
毛利元就   98-96-99-騎-甘言
小早川隆景  93-84-92-弓-施与


C国が南を統一。手切れをして攻め入ってくるか、
それともあと1年、内政だけと決めて同盟を維持するか。
こちらは残った国を攻略しつつ、様子を見ることができる。
C国で怖いのは鉄砲の長宗我部元親だけだ。

大内家の謀略で兵が減るアクシデントもあり、とりあえずまた雇兵。
一応、三方から攻められたときの守りを固めておく。
大内はまず攻めてこないし、G国はどうも偽PCくさいので大丈夫だろうが。
C国は攻めてくるとしても元親だけだろう。
臭い系バガボンドは、こちらに戦才が上の元就がいるので微妙なところ。
元親にしても雨で負ける確率がある以上、そう積極的にはなれないはずだ。
ちなみに中国の降水確率は、Bがまったく気にしていなかった某所のデータによると、
最低が冬で約13%、次が春で約24%の様子。
どうもいままでの傾向を見ると、季節に関係なく、
ガンガンファンタジーな攻め込みを見せてるんだが。

ちなみに元就の甘言は見事発動。
2回に1回程度発動してくれれば、Bカップ好きよりいくらかCoolなんだが、
残りターン数を考えると徹底検証は無理そう。
もっと早く毛利をつぶしておくんだったな。


合戦:吉川元春   兵80(B国・此隅城)
合戦:佐々木小次郎 兵80(B国・竹田城)
雇兵:宇喜多直家  兵70
訓練:毛利元就 黒田官兵衛 後藤又兵衛 小早川隆景 山中鹿之助


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
8年目 冬
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貫:760  兵:224
商:638  練:200
米:864  名:100
金:600  城: 24

武将     政-戦-智-兵-特技
後藤又兵衛  16-86-65-槍-槍衾
黒田官兵衛  91-90-98-槍-智才
佐々木小次郎 11-92-20-歩-一騎
山中鹿之助  15-81-58-弓-生還
吉川元春   62-93-80-騎-捕縛
宇喜多直家  94-78-98-弓-智才
毛利元就   98-96-99-騎-甘言
小早川隆景  93-84-92-弓-施与


今回も雇兵と訓練のみ。C国の隣国はウチだけだが、手切れはしてこなかった。
前ターンの訓練度が166だったせいかもしれない。
いずれにしてもあと1年では、手切れの実質的な効果は薄い。
向こうとしても平穏な終わり方を望んでいるのかも。
開始以来ずっと手を組んでやってきたし、こちらとしても異存はない。
手切れがくるまでは謀略や内応は行わないつもりだ。
同盟相手に謀略や内応をしても名声にはまったく影響はないが、
最後まで共存しようとしている相手なら、信義に反することはできまい。

次ターンはB国滅亡の日。そのあとはG国だ。
G国は武将の質はなかなかだが、名声37とかなり終わってる国なので楽勝だろう。
前回元就でいたずらしたので、怒って攻めてきている可能性もあるが。
まあ、今回のはそのための雇兵だ。
あと1年がんばっていきまっしょい。


進軍中:吉川元春 佐々木小次郎
雇兵:宇喜多直家  兵70
訓練:毛利元就 黒田官兵衛 後藤又兵衛 小早川隆景 山中鹿之助
   
     
 



2002年5月31日(金)   65 点
初日から面白い展開
 

 
     
  セネガル、フランスから勝ち点3を万引き。
朝刊の見出しがこうなることはさすがにないか。
それにしても、セネガルはがんばった。
あとはウルグアイ。中国人顔のレコバがいいプレイを見せて欲しいね。

海の向こうではゴッドハンド・マラドーナが、
「万引きしたヤツは試合にでれて、なんでオレは入国すらできないんだ」
そう言ってしつこくアピールしているに違いない。

信長日記は適当。とりあえず行動だけ。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
9年目 春
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貫:794  兵:401
商:658  練:200
米:893  名:100
金:999  城: 26

武将     政-戦-智-兵-特技
後藤又兵衛  16-86-65-槍-槍衾
黒田官兵衛  91-90-98-槍-智才
佐々木小次郎 11-92-20-歩-一騎
山中鹿之助  15-81-58-弓-生還
吉川元春   62-93-80-騎-捕縛
宇喜多直家  94-78-98-弓-智才
毛利元就   98-96-99-騎-甘言
小早川隆景  93-84-92-弓-施与

合戦:後藤又兵衛  兵80(大内家・益田城)
合戦:佐々木小次郎 兵80(大内家・蓮華山城)
密偵:山中鹿之助
謀略:毛利元就(G国)
開墾:宇喜多直家 小早川隆景 黒田官兵衛 吉川元春



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
9年目 夏
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

貫:860  兵:241
商:658  練:200
米:733  名:100
金:799  城: 26

武将     政-戦-智-兵-特技
後藤又兵衛  16-86-65-槍-槍衾
黒田官兵衛  91-90-98-槍-智才
佐々木小次郎 11-92-20-歩-一騎
山中鹿之助  15-81-58-弓-生還
吉川元春   62-93-80-騎-捕縛
宇喜多直家  94-78-98-弓-智才
毛利元就   98-96-99-騎-甘言
小早川隆景  93-84-92-弓-施与

進軍中:後藤又兵衛 佐々木小次郎 兵80
米売却:山中鹿之助
謀略:毛利元就(G国)
開墾:宇喜多直家 小早川隆景 黒田官兵衛 吉川元春
   
     
 



copyright
Script:のび犬の館   三国志武将アイコン:遊楽庁無双館   天気アイコン:牛飼いとアイコンの部屋