YOOのFF日記

[最新の日記] [月指定で日記閲覧] [単語で検索] [日記ステータス] [管理人用] [トップへ戻る]

総計13210 今日:1 昨日:1




2004年3月6日(土)   65 点
 

 
     
  FF11の裏面って実装されたんですかね?

まあ、どうでもいいことですが。

4ヶ月ばかりしていないと、どうでも良くなってしまう罠。
   
     
 



2004年1月24日(土)   75 点
枯山水
 

 
     
  カツノリが巨人にトレードするらしいですが・・・・
これは野間口入団の布石なんでしょうかね?

「息子さんの面倒は看ますから、野間口君を巨人に」

むう・・・考えられる話ですな・・・恐ろしや。

今年のストーブリーグはなかなか刺激的みたいです。
   
     
 



2004年1月22日(木)   77 点
病も気から
 

 
     
  ・・・・寒い、寒すぎる。
今朝は近年稀に見る寒さだったのではないだろうか。
雪が積もっていなかったのが、不幸中の幸いだったけれども・・・

なんとなくクロノクロスがしたくなった今日この頃でした。
あのゲーム、南国っぽいフィールドなんで冬にやるとたまらん。
内容はアレだったが音楽と雰囲気でクリアしたもんなぁ。




   
     
 



2004年1月21日(水)   73 点
ぬるぽ
 

 
     
  FF11をしなくなって約三ヶ月経ったわけだが、
だからといって、健康的な生活が送れているわけではない。
今こうやって2時半くらいに日記を書いているように、
寝る時間は大して変わっていないわけだ。(無論、有意義に時間は使えていない)

でも、トータルでの睡眠時間は多くなっているので良いかな・・・
精神的、肉体的にやってない今のほうが楽だと思う。

と、いうわけでまだまだ復帰はしなさそうです。


   
     
 



2003年8月26日(火)   51 点
 

 
     
  人間いついなくなるかわからないものですね・・本当。
まあ、一日一日を大切にしていくことにしましょうか。

これがなかなか難しいんだよな・・・

   
     
 



2003年8月25日(月)   49 点
高かったのに
 

 
     
  前のオフ会で買ったトロのティッシュ入れ?が非常に使いにくい。
ティッシュを取ろうとするとそのティッシュが破けてしまう。
これではまったく使いものにならずかなり損した気分だ。
誰かさんではないが、これが無駄買いってヤツなんだろう・・・

バーヤバーヤ!!!!!(´・ω・`)

   
     
 



2003年8月22日(金)   47 点
だるい
 

 
     
  やはりラジオは深夜の方がおもしろい気がする。
ついついカウンターで一人でニヤニヤしてしまった。
気をつけないとただの変態だ・・・・
   
     
 



2003年8月20日(水)   74 点
FF11を振り返る(8月編)
 

 
     
  もう8月・・・・一年前を振り返るのか。
さすがに全然覚えていないなあ・・・

8月
もうここら辺でlv上げが殺伐としてくる。
少人数PTなんて組まず、ひたすら効率を考えるように。
この時期、連携は核熱マンセー時代が幕開けした頃である。

<説明しよう!核熱マンセー時代とは>
lv30代前半から「骨骨ファンタジー」といわれるほど骨を狩ることが多くなる。
その骨が弱いのがlv2連携「核熱」の連携であった。
代表例としてはコンボ>レタス>コンボ、セラブレ>レタス>乱撃等。
片手剣と格闘がだしやすい為にナイトやモンクが前衛としては優遇された。
後衛は白がダントツに誘われた時代であり、ナイト様、白様タイプの人間は
この時代にナイトや白をしていた人間に多いように思われる。
(ちなみにこの時はナイトのMPなんて飾りで、ほとんど数値は動かず)

特異的に白黒がアースで〆る時があってこれやって死に掛けた覚えが・・・

順調にlvも上がり、多分8月は40近くまでいったんではなかろうか。
9月にキャップが外れたときに要塞でやっていた記憶があるので。


   
     
 



2003年5月9日(金)   69 点
FF11を振り返る(7月編)
 

 
     
  5月も上旬でかなり暑くなってきた。
そろそろクーラーの季節か?さすがに早すぎるか。
なんにせよ、蒸し暑いのはたまらん。

7月
前の月から継続してマウラでlv20まであげた。
チョコボ免許を取ろうと喜び勇んでジュノへ行ったときに
lv40、50の廃人(当時)を見て驚愕。
その後、lv20くらいの面子でアラを組んでなぜか
クフィムではなくバタリアに行ってボコボコにされたような・・
カオス時代の7月らしい香ばしい思い出ですな。

結局取ったばかりのチョコボで意気消沈してサンドに帰国。
ランク1だったランクを2に上げサポ黒を10まで育てた。
それからセルビナで21にあげ再びジュノへ。

7月の間に21から28くらいまで上げたんじゃないだろうか。
あまり記憶がないのでなんとも言えないけど・・・
連携が確実に定着してきて、かなりスムーズにlvはあがりましたね。


>>7月のレベルアップ(適当)<<

マウラ周辺で13から20まで(これはほとんど7月と記憶)

セルビナ周辺で20から21まで

ジュノ周辺で21から28?くらいまで



   
     
 



2003年5月1日(木)   73 点
FF11を振り返る(6月編)
 

 
     
  あと少しでファイナルファンタジー11も発売1周年。
そんなわけで今回は自分のヴァナ歴を振り返ってみる。

6月
エルヴァーン白魔導士としてサンドリアに降臨。
なぜそうなったかというのは単純で、身内に白とエルがいなかったから。
この安易な選択が後々自分の首を絞めるとは思わなかった。
理由として挙げられるのは・・・

第一にMPが少ない>まあ、これは仕方ないけどね。
第二に装備が売っていない>当時はオークションもなかったので・・・
第三に身内が誰もサンドにいない>単調なソロに嫌気が・・・

マジでこの3連コンボで辞めようかと思った。
結局、6月中旬頃に迎えにきてもらいバストゥークへ行きましたけどね。
以後レベル20まではサンドに帰らずシグもかけられず、ランクも1。
今思えばめちゃくちゃ適当なんですが、おもしろかったなあ。
初めて組んだ人にもらった正義バッチがすごくうれしかったし、
地図もないグスゲン鉱山で、グールにシバキ倒されたのもいい思い出。
アライアンスで200もらえてたもんな・・・今ではありえない。

6,7月はみんながみんなヘタクソでめちゃくちゃだったけど、
なんか牧歌的な雰囲気(使い方がおかしいか)があって好きだった。
連携なんかもなかったし、2.3人PTとかもやっていたしね。
固定化された考えがなかったってことかな・・・今とは大違い。
まあ、一番FFがおもしろかった時期ですかね。

>>6月のレベルアップ(うる覚え)<<

サンドリア周辺で1から10まで上げる
     
バストゥーク周辺で10から13まで

マウラ周辺で13から20まで(これはほとんど7月と記憶)
   
     
 



copyright
Script:のび犬の館   三国志武将アイコン:遊楽庁無双館   天気アイコン:牛飼いとアイコンの部屋